FC2ブログ

記事一覧

【今年も始めました】Light&Motion ナイトライド お試し企画

Edit
「西多摩マウンテンバイク友の会」会長を務め、
「自転車を通じた地域の関わり」という新しい課題に取り組んでいる
ナカザワジムさんの店長 中沢さんから

「地元のトレイルでナイトライドしようよ!」

とお誘いを頂いたのでLight&Motionのサンプルを用意して行ってまいりました!

▼夕方5時過ぎ、ナカザワジムのお客さんたちにサンプルを装着していただいてトレイルの入口へ。
まずは狭山湖の夕暮れを見に出発!
LMRC_008.jpg

▼日中の暑さが引いて気持ちいい夕暮れの空気の中走り出します。
LMRC_006.jpg

▼公園沿いに整備された林道を使って狭山湖に向かって進みます。
LMRC_005.jpg

▼「ペース大丈夫ですかー?」と声掛けしていただきながらの登坂
LMRC_001.jpg

▼ナイトライドは日中よりも集中力が必要なので、いつもよりも細かく休憩を入れています。
LMRC_003.jpg


▼狭山湖に到着!ちょっと遅かった…日が暮れてしまってました。残念!
LMRC_009a.jpg

▼しかしマウンテンバイカー的に本番はここから!
LMRC_007.jpg

▼トレイルの入り口でライトの照射モードを最大にします。
LMRC_010.jpg

▼SECA2200をヘルメットにマウント、ハンドルバーにはURBAN500のバックアップ。
トレイルでもSECA2200のワイド配光のおかげで路面の状況を掴みやすいです。
LMRC_011.jpg

▼横田基地の見える場所で小休止、滑走路の誘導灯が輝きます。(photo 中沢さん)
この日は基地の交流祭が開かれていたので花火が見える予定だったのですが、ちょっと早かった…
店長 中沢さんからの「このまま花火を待つ?ライド追加?」の問いに「ライド」と即答する面々。
LMRC_013_20180920114147d54.jpg


▼というわけでライド再開。明るすぎて顔が写らない…でも笑顔なのは判ります!(photo 中沢さん)
LMRC_012.jpg

▼昼間に比べて速度は出ていなくても日中走るときよりも充実感が濃いです。
LMRC_015.jpg


▼3時間ほど走って山から下りるとすぐ住宅地に、市街地ではライトの光量を落として集合場所まで戻ります。
LMRC_014.jpg

サクサクと走り出して、サクサクと日常に戻る。
MTBライドシーンと日常の生活が密接に繋がっているのが西多摩ローカルの特徴。

山の無い場所に住む筆者としてはとても羨ましい環境なのですが、こういった人口密度の
高い場所で正式にMTBが走ることが許されている場所があるというのは、普段から地域との
繋がりを維持してくれている自転車乗り達がいればこそだったりします。

▼ライド終了後、撤収します。
LMRC_020.jpg

撤収の作業中、ライトの感想などを聞いてみると

「通いなれたトレイルなのに新鮮で楽しい!」

「走行距離はそんなに長くないのに普段のライドよりも濃い感じ」

そして
「お借りした明るいライトだと走りやすいですね!」
という感想をいただきました。

カタログスペックを語っても伝わりにくい

「☆明るさは正義☆」
「照射範囲設計の巧みさがもたらす快適性」


それを実感して頂けただけで、もう本当に嬉しいです!

しかし、そんな楽しいナイトライドですが、リスクも潜むわけで…

安全に走る為のコツを中沢さんに聞いてみました。

「ナイトライドをするということは昼間よりもリスクが高くなりますから、
走りを追求するスタイルではなく、いつも以上に安全に配慮して、
無理のないスケジュールで走ることと、基本的には一人で走らない
ということ、機材トラブルに備えてライトは2灯以上用意する事が大事です。」
とのこと。

▼セクションの変わり目ごとに小休憩、みんなの様子をみながらライドを進めていました。
LMRC_021.jpg

普段から一緒に走らせていただいているのですが、今回ナイトライドに始めて参加させていただいて、
いつもと違うなと思ったのは、セクションごとに短い休みを細かく取っていた事でした。

その強面な外見とは裏腹に、いつもきめ細やかなもてなし上手である中沢さん(色々すみません)
なのですが、会話の中でメンバーの調子を聞いてペース、コース取りを決めていくなど、
ナイトライドの場面ではさらに細やかに、安全面を最大限に考慮して走っているのを感じました。

自分もナイトライドでは無理をせず普段よりも余裕をもって走る様にしたいと思います。


まとめ


普段通いなれた身近な道でも、全く異なる風景を発見できて楽しい!

少しの時間で濃厚なライド体験を得られるナイトライド。

これから日が落ちるのが早くなる季節、夕暮れ時からの風景

の変化を見ながらのライドは日中のライドとはまた一味違った

楽しみがあると思います。

トレイルライドに限らず、どこでもナイトライドは楽しめますので
皆さんも普段走りなれた道から是非チャレンジしてみてください。

最後に、今回はお声掛けしていただいたナカザワジムの中沢さん、
そして一緒に走っていただいたみなさんありがとうございました!



今回使用した機材について

▼今回大活躍したSECA2200はバッテリー別体型なのでランプヘッドはとても軽いのが特徴。
ヘルメットに付けても軽快、路面の様子を掴みやすい広い照射角で安心してライドを楽しめます。
LMRC_016.jpg

▼URBANシリーズは軽量で高輝度 トレイルライドのバックアップに最適。
特に新型のRANDOはランタイムが3時間と長く、外部バッテリーを繋いだ状態
での点灯も可能なのでさらに安心です!
LMRC_019.jpg

▼スイッチ操作の要らないフルオートテールライト「VIBE50/100」
はいちいちスイッチ操作が要らないのでライドに集中したい人にピッタリの
テールライト!
LMRC_018.jpg

今回のライドで使用した「Light&Motionライトアンドモーション」の情報は▼こちらをご覧ください。
http://www.noguchi-shokai.co.jp/lightandmotion/index.html
関連記事
スポンサーサイト

検索フォーム

タグクラウド


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

野口商会 

Author:野口商会 

FC2カウンター

GPV気象予報(風速/気圧)

GPV気象予報(降雨量)