記事一覧

チューブレスタイヤ シーラント除去について

Edit
シーラントを入れたまま、装着後1年4か月が経ってしまったタイヤを外してみました。

ちなみに使っているシーラントはシェアNo1の「あのシーラント」

▼ビードをリム真ん中に落っことしてバルブのある位置から外してきます。
SIL_01.jpg

▼なにかがタイヤを貫通した時、絶対助けてくれなさそうな液剤に変化してます。
気密は保たれていたのですが、このまま乗らないで良かった!(そもそも乗ろうと思ってた時点でおかしい)
SIL_03.jpg

▼数か月使用していなかった為か、リムの方はびっくりするぐらい液剤が付着してないです。
今回はリムの方も特に問題ないみたいです。
SIL_02.jpg

▼保管時に下になっていた部分はこんな感じに溜まって固まっていました。
SIL_04.jpg

▼液状シーラントはある程度、ウェスで拭いた後、水で流します
(ご使用中のシーラントが水溶性か確認してから作業してください。)
SIL_06.jpg

▼湯葉みたいになってます。
今回は積層してしまったところだけ剥がしておきます。
SIL_07.jpg

▼日陰乾しした後、また装着してシーラントを補充します。
SIL_09.jpg


▼シーラントを入れて6か月の状態でタイヤ交換した際の記事がこちら。
http://noguchi1904.blog109.fc2.com/blog-entry-505.html
この状態で整備していれば面倒な湯葉剥がしをせずに済みますね。

この「白いシーラント」の場合、たとえ気密が保たれていたとしても
メーカーさんの指定通り半年程度で交換作業をするべきだと思いました。

今回の例の様に時間経ちすぎてタイヤ内面にべったりくっついちゃうと剥がすの大変ですし、
剥がすのに力入れすぎて気密層を傷つけちゃうとチューブレスとして使えなくなってしまいますからね。

次はエバースのシーラントを入れて「シーラントを乗り換えても大丈夫?」かテストしてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

検索フォーム

タグクラウド


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

野口商会 

Author:野口商会 

FC2カウンター

GPV気象予報(風速/気圧)

GPV気象予報(降雨量)