記事一覧

【CRODER】Allegro7 (アレグロ7) インプレ

Edit
今回ご紹介するのは

CRODER アルミクリンチャーリムホイールシリーズAllegro

そのラインナップ中唯一のエアロホイール

ALLEGRO7(アレグロ7)です。
allegro7_00.jpg


リム幅:(外/内)18.3mm/13.6mm リム高:40mm
スポーク数:F20/R24 重量:(FRセット)1867g
重量1867g
 
希望小売価格:62,000円(税抜)

付属品:前/後QR、10s対応スペーサー

41536allegro7f.jpg

41536allegro7r.jpg
※画像のハブは旧製品のものになります

ハイト40㎜の外見はインパクト十分。

なのですが。

ロゴが中抜きのラインになっているので意外とあっさりとした印象。

「派手にブランド名バーン!」

みたいなのもレーシーですごくカッコ良いし憧れるのですが、冷静に外観の
マッチングを考えると抑えめのグラフィックも良いんじゃないかと思います。

販売サイドのお話をしてしまうと

「どんな機体にも合わせやすいクセのない外観」

というのは様々なフレームに装着される可能性が高いこの価格帯
のホイールとしては大事な要素なんです。

なによりシンプルなほうが飽きにくいですし。

と、外見のインプレッションはこのぐらいにしておいて…

いつも通り自分のバイクに付けてテストを開始します!

allegro7_01.jpg

今回タイヤはパナレーサーさんの

「CLOSER クローザー」を履かせてみました。

前25C、後ろ23C その組み合わせは前輪は衝撃吸収、後輪は効率を求めて…

とかではなく、試走会用に試乗用タイヤが出てしまって残ってたのが
これしかなかったからです。

おかげで、各サイズの装着状況を見られたので良しとしましょう。

そして、これだけリムハイトが高くなるとチューブもバルブ長が60㎜程度のものが必要になります。
allegro7_02.jpg

さて、タイヤの装着も済んだところで

実際に乗ってみての感想は以下の通り。

いつも通り「言葉のケイデンスだけは高い人」によるレビューです。

初乗車の感触:★★★★☆
重量でいうと他のホイールよりも重いのでどうなんだろう?
と思っていましたが跨いで踏み出すと

「思ったより普通」

スピードに乗り始めると「あれ、いつもより漕ぎやすい?」

とその変化に気が付きました。

他のAllegroシリーズに比べて、キャラクターが掴みやすいホイールだと思いました。

初期加速/反応:★★★☆☆
スペック表で見る他のホイールとの重量差を感じさせない加速、反応性。
通勤の25㎞でストップアンドゴーを繰り返す中では不満ナシです。

スプリント/継続的な加速:★★★☆☆
リムハイトが高く、スポーク長が短く抑えられている為か、踏み込んだ際に他のAllegroシリーズよりも
カッチリした印象を受けました。

速度維持:★★★★★
自分みたいな非レース系の、通勤快速使用しかしない人間でもその特性を存分に感じる事が出来ました。
30㎞に近くなるとスーッと楽になる感じです。

テストライドでカーボンホイールもリムハイト別に一通り乗っているのですが、アルミのエアロホイールも
同じようにエアロ効果はあります。

登坂性:★★★☆☆
その見た目通りディープリムは風の影響を受けやすいです。

速度が落ちてくると横風の影響を受けやすくなるので、登坂時に風が吹いていると辛いです。

これは登坂時に限らないのですが、特に低速走行時に前輪に風が当たると操舵性に影響するので
気を付けて走りたい感じです。


乗り心地:★★★☆☆
「エアロホイールって横風に弱くて、重いから加速悪くて、変に剛性が高くて…」

という印象で見ていたのですが思ったよりもクセが無いです。

登坂性の項目でも書いた、横風の影響もスピードが乗る平地区間ならそんなに強いネガティブにはならない感じです。

■まとめ■
「巡行速度がガチャつく人にお勧めしたい」
今まで通勤でロードバイクを使っていて、自分の力量なのか機材特性なのか(9割9分前者です)
速度の維持が苦手で、ログを取ってみるとスピードのグラフは気分屋である自分そのままの形。
ガーンと上がって、疲れて下がっての繰り返し、ガチャガチャでした。

それがAllegro7に履き替えてだいぶ改善した気がします。
初めて家まで乗ったとき「あれ、今日の自分は定速で乗れているなー」と思ってログを見たら
トップスピードは変わらないのに平均速度上がってる状態が示されていました。

都市部でストップアンドゴーの繰り返しになると、ちょっともたつく感じもありましたが、
それはどのホイール履いていてもそんなに変わらないので、自分の苦手な所をつぶしてくれる
このホイールは「良いなあ、欲しいなあ」と思うホイールです。

乗り心地の項にも書いたように、正直なところ乗車前にスペックを見て

Allegro7には全く良い印象を持っていなかったのですが(正直すぎ)

乗ってみて「もっと早く乗ればよかった」と思いました。

恐らくAllegroシリーズの中で最も、今の自分の乗り方に合ったホイールだと思います。


allegro7_04.jpg


というわけで

「長距離乗る時にスピード維持するのが苦手で…」


と感じている方や、


「ディープリム使ってみたいけど、カーボンホイールまではちょっと。」


という方にもオススメしたい感じです。

もちろん

「どうせ変えるならガラリと印象を変えたい!」

という方にも、おススメしたいホイールです。



お取引先の皆様へ
今回ご紹介した「CRODER Allegro7」は入荷済みです。
関連記事
スポンサーサイト

検索フォーム

タグクラウド


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

野口商会 

Author:野口商会 

FC2カウンター

GPV気象予報(風速/気圧)

GPV気象予報(降雨量)