記事一覧

[やってみました]ヘルメットを掃除してリフレッシュ!残りの夏を乗り切ろう!

Edit
夏も折り返し地点を過ぎた感じでしょうか?

朝は自転車乗りやすい気温になってきました。

さて、ひと夏超えると気になるもの。

それはヘルメットの

汚れ!

▼基本的にはライド後に除菌スプレーなどを吹いておくだけでだいぶ緩和されるのですが
アゴひもや、パッドなど、肌/頭髪と接触する部分はどうしても皮脂汚れが付着してしまいます。
変な匂いがしだす前に「なんか汚れたな」と思ったら掃除してみましょう。

今回掃除するのは 「REZZA レッツァ」です。4月に購入してからずっと洗ってなかったので
そろそろアゴひもやパッドが…怪しい感じです。
20170803_001.jpg

▼まずはインナーパッドを外していきます。クラニウムロック(アジャスター)
の「つる」が刺さって固定されている部分がある場合には取り外してインナーパッドを外します。
(ヘルメットによって取り付け方法は異なりますので、不明な場合は説明書を読んで作業を行ってください。)
20170803_002.jpg

▼パッドは水洗い。
汚れがヒドイ場合には適宜、洗濯用洗剤を薄めた液剤に浸して洗ったのちに水ですすぎます。
20170803_003.jpg

▼アゴひもについては、そっと水でもみ洗いするのが基本なのだそうです。
3年消臭素材「MOFF」を使用した製品については必ず水を使って優しもみ洗いしてください。
洗剤などを使うと効力が落ちてしまいます。

ヘルメットのシェル内側清掃については他社ヘルメットについても色々調べてみましたが
絞った布で汚れを拭きとるぐらいで留めた方がよさそうです。

▼一通り、掃除を終えたら陰干し→乾いてキレイになった状態
20170803_006.jpg

▼外した時とは逆順に組み立てていきます
パッドを貼り付け…
20170803_008.jpg

▼クラニウムロック(アジャスター)のつるを通してセット
20170803_009.jpg

▼最後にクラニウムロックのダイヤル部分に付けるパッドを戻して完成!
明日からキレイなヘルメットで走れると思うとちょっと嬉しいです。
20170803_010.jpg

【注意】
ヘルメット清掃の際にお湯は使わないでください。
ヘルメットのフォーム、外装樹脂、パッド素材が劣化する原因となります。
入浴時に一緒に…という方もいらっしゃるかと思うのですがお湯の使用は控えましょう。









関連記事
スポンサーサイト

検索フォーム

タグクラウド


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

野口商会 

Author:野口商会 

FC2カウンター