記事一覧

【試してみました】Panaracer グラベルキングSK  27.5×1.9

Edit
パナレーサーさんよりグラベルキングSK 27.5×1.9 (650b×48) が発売されましたので試してみました!
GKSK19_01_2017070717045226e.jpg

▼重量は550g、チューブレスレディタイヤとして考えればまずまずの重さではないでしょうか。
GKSK19_02.jpg

▼思ってたよりも太いような…後輪入るのか…。
GKSK19_10.jpg

▼実用のギリという感じで入りました!
GKSK19_11.jpg



▼幅はノブ込みで最大幅51㎜~52㎜程度。
表記上は605b×48cなんですがノブ高を含めると実寸はちょっと太めです。
GKSK19_06.jpg


▼履かせた状態がこちら。
勇ましい印象に仕上がります。
GKSK19_07.jpg

▼実際に走ってみましょう!
今回は房総の静かな山道を繋いで走ってみました。
一緒に走っていただいたサルサ野郎さんから頂いた予定ルートを見て
「舗装道路中心だなー」
と思い、まずは空気圧は上限の3.5bar(約50psi)にセット。

あ、今回はチューブ入れて乗ってます。
チューブレスはまたいずれ試したいと思います。

GKSK27519_012.jpg

▼山中の道は日陰も多く、こんな感じで苔が生えていたりします。コワイ!
700×43c版のグラベルキングSKもこういった路面で助けられましたが、
今回の27.5×1.9は更に安定してグリップする感じです。
GKSK27519_002.jpg

▼こんな切通のトンネルを抜けたり…
GKSK27519_013.jpg

▼静かな山道を登り降りしていきます。
今回の様なコースの道は舗装でも凸凹が多いのですが、タイヤのおかげで快適!余裕があります。
GKSK27519_006.jpg

▼ああ、また路肩走ってる(´・ω・`)
自分は普段、通勤で幹線道路を走るせいなのか路肩ギリギリを走る癖があります。

路肩に落ちているガラス片や鉄屑というのはタイヤにとって天敵なのですが、

外側に耐パンクレイヤーを持つグラベルキングは安心して走れる感じです。

GKSK27519_014.jpg

▼山を下り、同行して頂いた方々と別れ、道を繋いで最寄り駅まで走ったのですが

「やっぱグラベル走っておきたいよね」

と思い海岸沿いのダートを探して走ってみました。

疲れ切った中でのグラベルライドですが 27.5×1.9というエアボリュームに助けられた感じです。

この路面では空気圧を2.5bar(36psi)程度に落としてあげた方が快適でした。

というか、ダートを抜けて舗装路に戻った後もこの空気圧の方が快適で、

「全行程この数値で走った方が快適だったんじゃないか…」

なんて今更?な発見も。

こまめに空気圧を調整しながら~なんて灼熱の炎天下では思いつかなかったのですが、
初めてのカテゴリーのタイヤ。今後も色々試してみたいと思います。
GKSK27519_004.jpg

▼まとめ
今回の様に700cのシクロクロスバイクを650bに履き替えるというのは手間ですが、一たび乗れば楽しい世界が広がります。
走破性の向上だけでなく、あらゆる場面で神経質にならずに走れる快適性を持ち、加減速しやすく扱いやすい。
ランドナー乗りが頑なに守り続けた650bという旅のフォーマット。
スピードの維持を得意とする700cとはまた別の軸で走りを捉える楽しさがあると思うのです。
GKSK27519_003.jpg

野口コード:143885
商品名:グラベルキングSK 650B×48C(27.5×1.9) ブラック

型番: F650B48-GKSK-B
JAN: 4931253016929
希望小売価格:5,191円(税抜)


【注意】
毎度の事ながらさんざん薦めておいて今更な感じもしますが。
規格外の組み合わせはあくまで「自己責任」となります。
装着に関しては基本的に現物合わせとなります。
個別の回答はしかねますのでご了承ください。
関連記事
スポンサーサイト

検索フォーム

タグクラウド


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

野口商会 

Author:野口商会 

FC2カウンター